2泊3日の鹿児島スケッチ旅行   25 Nov.,2013 起草

◆2013.11.01(金)第一日目 晴れ

 エネルギー関係者のハガキ絵水彩画同好会・彩水会のスケッチ旅行は、昨年の奥越後旅行以来一年ぶりである。今回スケッチの収穫は、余り無かったが彩水会事務局から数日前に返却戴いたので、いずれやまと美術館に掲載する。

   今回参加の彩水会メンバーは、九州地区、若狭地区、中部地区、関西地区、関東地区等、日本各地から各種交通機関を使って、それぞれ昼食を済ませ昼過ぎ鹿児島空港に全員21名が参集した。残念ながら彩水会会長は、体調不調で今回欠席された。鹿児島空港では、初日に宿泊する旅行人山荘のマイクロバスに分乗したが、人数制限で乗りきれない人は関東から遥々自家用車で参加したSさんの車に乗って以後の行動計画を実行するところとなった。私を含む東京地区組は早い時期に手配したLCCソラシド・エア航空会社を往復とも初めて利用した。

   全員がそろったところで各車に分乗して先ず霧島方面へ向かう。山道を霧島の山奥深くどんどん登る感じで、スケッチポイントではトイレを済ませ、皆それぞれはがき絵製作に取り組む。先ず神話の里の駐車場にて霧島連峰の高千穂峰遠望、次いで神話の里斜面、それから下山移動して霧島神宮に至る。夕方になって当間高原リゾートにある宿舎のホテル・旅行人山荘に旅装を解いた。山荘と言っても由緒のある立派なホテルである。

   18:00から宴会が始り、食事も酒もたっぷりあり満足した。食後、ツマミと酒を抱えて部屋を変え、彩水会幹事のKさん(プロ級で若狭地区より参加)を先生役に各自今日の作品3点以上を供出、恒例の合評会が開かれた。作品は会報に掲載するため事務局のNさん預かりとなった。今回は、恒例のカラオケの部屋での二次会もお付き合いした。

   印はスケッチポイントを示す。

      霧島・高千穂峰
      01 Nov.,2013
    霧島・神話の里
      01 Nov.,2013
    霧島神宮・全景
      01 Nov.,2013
    霧島神宮・拡大
      01 Nov.,2013

◆2013.11.02(土)第二日目 曇り後雨

 昨夜は午後11時頃5階(最上階)の部屋に戻り10畳の和室に4人が窓に平行に寝た。例によって朝方の人間だから4時頃目が覚めて2階のギャラリーへ降りて画家・竹道久作品集の中から水彩画「パリの街角1993年」をB5版画用紙に模写した。このギャラリーには、竹道久の桜島をモチーフにした油絵が沢山展示されていたが、私の好みでは無かった。模写した水彩画は、ペン線描にあっさりした光と影の色彩が調和して、とっても気にいったのである。そのうち朝食の時間になったので、直接朝食会場に行き朝食を済ませた。一旦部屋へ引き揚げて出発準備をして玄関のチャーター大型バスに乗る前に全員で記念写真を撮った。全員バスに揃ったところで、今日は行程が多いので、ちょっと早いが午前8時過ぎにはホテルに別れを告げて、下山しながら鹿児島駅方向に向かった。

   指宿スカイライン等を経て 知覧特攻隊記念館に至る。ここは大きな公園になっていて特攻機のモニュメントが置いてある他、記念館の中には特攻機他の実物を含む遺品が数多く紹介されていた。この後、知覧武家屋敷へ向かい、その武家屋敷一部がレストランになっているところの古民家の風情満杯の高城庵(かねて予約済み)で昼食に一杯も済ませて昼食後武家屋敷界隈を散策した。ここでは良いスケッチポイントが見つからなかった。 

   午後は小雨模様になってきたので、予定の田賀山東郷元帥像や桜島スケッチを止めて、急拠桜島へ渡船し、桜島の実物に触れる事になった。チャーターバスで鹿児島駅近くの鹿児島港からバスごとフェリーで桜島へ渡った。桜島では再びチャーターバスでめぼしい所だけ周遊して、桜島の噴煙など見ながら、鹿児島中央駅近くの宿舎のビジネスホテル・タイセンアネックスに引き揚げた。雨中でのスケッチは気が進まず、結局今日は、知覧での特攻機のモニュメントのヘボなラフスケッチをしただでけで収穫は無かった。

   夜ホテル近くのレストランで宴会の後、ワンルームのビジネスホテル・タイセンアネックスに引き揚げて休んだ。

    知覧零戦特攻機1
      02 Nov.,2013
    知覧零戦特攻機2
      02 Nov.,2013

    フェリーにて桜島へ1
      02 Nov.,2013
    フェリーにて桜島へ2
      02 Nov.,2013
    フェリーにて桜島へ3
      02 Nov.,2013
    フェリーにて桜島へ4
      02 Nov.,2013

    桜島の峰1
      02 Nov.,2013
    桜島の峰2
      02 Nov.,2013
    海側遠望
      02 Nov.,2013
    桜島の峰3
      02 Nov.,2013

    帰途の桜島噴煙1
      02 Nov.,2013
    帰途の桜島噴煙2
      02 Nov.,2013
    帰途の桜島噴煙3
      02 Nov.,2013
    帰途の桜島噴煙4
      02 Nov.,2013
    帰途の桜島噴煙5
      02 Nov.,2013

◆2013.11.03(日)第三日目 雨

   二泊三日のスケッチ旅行のうち、不運にも最後の一日は朝から雨になった。

   朝食は、ホテル2階のカフェでのセルフサービスだった。

   仕事は午前中だけなので、効率よく過ごす為、チャーターバスは午前8時に出発した。

   今日の訪問先は、薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園・仙巌園で敷地面積は約5ha。ここの中腹からの「雨の桜島」は、なかなか良い構図だったので、大木の影の雨宿りにいい場所に陣取って1枚ハガキ絵を仕上げた。

   その後バスで移動して 石橋公園へ向かい、一応折りたたみ傘を持ってバスを降りて石橋記念館の軒下に雨に濡れない良い場所を見つけたので、ここでこの旅最後のスケッチに専心した。

   印はスケッチポイントを示す。

   そろそろ昼も近づいたので、再びバスで移動、鹿児島中央駅西口近くでバスにおさらばして昼食をとるため、兼ねて予約してあった壽庵に入った。結構美味しい料理とお酒も出て、食後解散となった。私は、空港行きバスが、鹿児島中央駅東口なので、地元の人に道順を聞きながら、鹿児島空港で珍しく土産を買って帰郷した。帰途は京浜急行で羽田から、蒲田、横浜経由横浜線長津田経由で無事帰宅した。

   今回三日間の旅行中誰一人落ちこぼれも、事故も無く、全員無事に旅行を終了した。めでたしめでたし\(^_^) /

    仙巌園内の
     竹細工・水車
      03 Nov.,2013
    仙巌園からの
     雨の桜島
      03 Nov.,2013
    石橋記念公園の
     西田橋
      03 Nov.,2013
    鹿児島空港 
   帰途SNA78便
   のLCCソラシド機
      03 Nov.,2013



【前へ】      【後へ】


「旅つれづれ」へ